2008年 国際ガイドデーはロンドンにて、下記のスケジュールで行われました。

来年2009年をお楽しみに!

 

国際ガイドデーの日本語ツアーにおきましては、216日(土)17日(日)の2日間にわたり、ブルーバッジガイドによる恒例の無料ツアーが実施されました。

ブルーバッジガイドとは英国政府の公認観光ガイドで、国籍や言語に関係なく1年以上かかるコースを英語で受講し多くの筆記、実技の試験に合格後、得ることができる資格です。その難関を突破したガイドは大変高い評価を得ています。

国際ガイドデーは、広くブルーバッジガイドを知っていただくと共に、そのガイディングの素晴らしさを無料で皆様に楽しんで頂くイベントで、過去17年の実績を持っています。観光客のみならず在英の日本人方々からも好評で、日頃観光のプロとして活躍している公認日本語観光ガイド協会の会員がボランティアとして案内をするという見逃せないイベントです。

充実した美術館ツアーの数々に加えて、ハンプトンコート宮殿、ウエストミンスター大寺院、ジェフリーミュージアムと 今年も知的好奇心を満足させる楽しいツアーが実施されます。ロンドンの名所はもちろん、見なれた街角の風景も、知識と経験豊かなガイドと巡れば、新たな発見があるはずです。一味違う博物館ツアーで探究心が満足できたり、大好きな名画の逸話に耳を傾けたり出来るガイド付きツアーの魅力を体験して下さい。

2008年の国際ガイドデーのツアーに参加なさった皆様から、それぞれのツアーに関するたくさんのコメントを

頂きました。 賞賛のお言葉から来年のツアーのアドバイスなど、皆様のお声を2008年の国際ガイドデーの

ツアーの企画に役立てたいと思います。 

一人でも多くの方々にプロのガイドのツアーを楽しんで頂き、ブルーバッジガイドの事を知っていただく機会が

持てた事を感謝いたします。又定員に満ちてツアーにご参加できなかった皆様、ぜひ来年の国際ガイドデー

でお会いできますように。 これからもロンドン、英国の観光にはブルーバッジガイドを宜しくお願いします。          

公認日本語観光ガイド協会 2008年 国際ガイドデー運営&HP役員一同

 

公認日本語ガイド協会HPアドレスwww.jrtga.com

 

1)ハンプトンコートパレスHampton court Palace

ツアー日時:2月16日(土)10:30分

ハンプトンコート宮殿には16世紀のチューダーキッチンが今に見ることができ当時の食生活が手に取るようにわかります。

宮殿内はヘンリー8世時代のグレートホールを始め、英国が誇るタペストリーのコレクション、クリストファーレンが手がけた建築ウイリアムとメアリー時代の部屋や家具調度品が見られます。

又ハンプトンコート宮殿のお庭は四季を通して飽きることない樹木や花のコレクションが見られ、ガーデン好きの方にも楽しんでいただくことができます。

このような見所が多い宮殿とそのお庭を2008年の国際ガイドデーではブルーバッジガイド ”ひろ子 ライト”がご案内しました。

 

 

 

 

2). ウエストミンスター大寺院。Westminster Abbey

ツアー日時:2月16日(土)10時

 

3)ダリッチ.ピクチャー.ギャラリー Dulwich Picture Gallerys

ツアー日時:2月16日(土)11時 (約1時間半のツアー)

 

4)メイフェアーウォーク Mayfair Walk

ツアー日時:2月16日 (土) 10時30分

 

5)ジェフリーミュージアム Geffrye Museum

ツアー日時:2月16日 (土)10時00分

 

6)ナショナル. ギャラリー(印象派絵画を中心としたツアー)National Gallery

ツアー日時:2月17日 (日) 10時30分

 

7)ヴィクトリア& アルバート博物館 Victoria & Albert Museum

ツアー日時: 2月17日 (日)13時30分

ヴィクトリア&アルバート博物館は(略してV&A)は英国を始め世界中の工芸品、家具、調度品、宝石、テキスタイル、チャイナetcが展示されています。

ここにはまさに世界に誇る大英帝国の美術品のコレクションの数々が見られます。

19世紀のアーティストや工芸家たちが本物を学ぶ場所としてこの博物館が生まれたのがうなずけます。さてこれほどのコレクションをどこからどのようにガイドするか? 

2008年の国際ガイドデーはV&A博物館のレクチャーのコースを修得し、美術に造詣深いブルーバッジガイド "厚井 真弓”がご案内しました。