公認日本語観光ガイド協会

Japanese Registered Tourist Guide Association)

 

日本語観光ガイド協会は、英国政府公認ブルーバッジガイドの集まりで1985年に発足、現在約70名の会員がおります。常に高水準のガイデイングを保つ為に勉強会や情報交換に励み、又会員の互助、労働条件の改善と向上等を目的に活動しています。

当協会は、ギルド(The Guild of Registered Tourist Guides)に所属し、40ヶ国語ガイドの一員として幅広く英国観光に貢献し、かつ重要な役割をも担い英国を訪れる観光客に多くの知識とサービスを提供できるよう、努力しています。

毎年開催されるインターナショナル・ガイド・デーには当協会も参加し、百人以上の在住日本人の方々にボランテイアでガイドし、単に見ただけでは分からないものをガイデイングによって理解して頂き、大変好評を得ております。

会員のすべてがブルーバッジガイドですが、これは歴史、地理、文化その他、広範囲にわたる専門知識を学んだ後、試験を経て与えられる英国政府公認ガイド証です。当ガイド証は 50年の歴史があり、観光局(English Tourism Council),文化庁(Department of Culture,Media and Sports),通産省〔Department of Trade and Industry)の許、インステイチュート(Institute of Tourist Guiding)が管理しています。

私達は、現地在住のガイドとして生の声で最新の情報を交え、英国をより深く、正しくご理解頂けるよう、又、楽しんで頂けるよう努めつつ、皆様のご來英を心からお待ちしております。

ホーム